胎児を健康に育てる栄養|専門の病院で受ける不妊治療|生命の神秘を見届けよう

専門の病院で受ける不妊治療|生命の神秘を見届けよう

胎児を健康に育てる栄養

カウンセリング

ビタミンDも一緒に取る

妊婦になると、不足しやすい栄養素の一つにカルシウムがあります。カルシウムは、胎児の骨や歯を作る為に必要になるので不足すると妊婦の体調不良につながり、筋力低下やけいれんなどが起きることがあります。カルシウムは、単体で吸収するよりも他の栄養素と一緒に吸収した方がより吸収率が上がるという特徴があります。そのため、妊婦になったらカルシウムを取るだけでなくビタミンDと一緒に取ると良いでしょう。カルシウムは、牛乳やチーズなどの乳製品をはじめしらすやししゃもなどの魚類、ビタミンDに関してはしいたけやまいたけなどのキノコ類、さんまやにしんの魚に含まれています。全体的に、バランス良く取っていくことが大事になります。

不足と過剰摂取に注意する

妊婦になると、自分の健康のためにとる栄養もありますが更に胎児の分の栄養も取らないといけないので摂取するべき栄養が沢山出てきます。しかし、胎児がちゃんと成長し安定するまではつわりがあったりと食事を取りたくても十分に取れないこともあります。そのため、サプリメントを活用すると良いでしょう。サプリメントであれば、食事がなかなか取れないような時でもしっかり栄養を取ることが出来ます。しかし、サプリメントの場合は簡単に過剰摂取になることも考えられるので気をつける必要があります。妊婦の栄養は、不足しても良くないですが過剰に摂取してもまた良くないのでバランスを考えて食事とサプリメントを上手く取っていくことが大事です。